To Fukuoka








To Kyouto

京都市の歴史と自然と市民との調和をみつけました

    いきさつ
  当時の3学年の教職員は、生徒たちが何事にも課題をもって取り組む学習活動になるよう努めていました。なかでも、環境問題を主体的に取り組ませたいと願ってきました。
 平成10年度の修学旅行においてもそうありたいと思っていた折り、「エコ修学旅行」として指導・案内を行っているボランティア組織(「京都市民の会」)をインターネットなどで見出し、その後当会からの案内を受けてエコ修学旅行を実行しました。
 このようにして平成10年に引き続き平成11年4月20日にも1日間かけて行っています。
 いずれも生徒自らが当会のホームページを通して出発直前まで連絡をとり合い計画し実践しました。
 その実践の教育的効果は、大きなものであったと自負し、ここに私のメモリアルとして残しておきたいと、ささやかではありますが、本ページを設けました。


 朝8:30から、1時間ほどでエコマップ修学旅行ボランティア活動の方々から説明を受けました。
 わかりやすく楽しい説明であり、「京都市民の会」の方々の熱意に感動しました。(右写真は平成10年分)
旅館において、京都市の「環境市民の会」の方からのエコマップ活動の説明

 6班に分かれて、自由に散策する中で、自分で感じたものを大事にすること、気持ちを楽にしてつれづれなるままに行動しました。
 写真は、京都の祇園町並みを散策している1班です。祇園の川にさしかかると、さとザクラを描いてある年配のご婦人の素晴らし絵に感嘆していると、ご婦人が「いずこから」。そこで生徒が「福岡です」「あら私3年前まで福岡の新宮町にいたとよ。なつかしかー」。「あのねー・・」「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」・・・・。
 そこで博多弁の人に出会うとは・・・。ふれあいの楽しさを味わいました。


<昨年>班の行動計画(修学旅行二日目午前中)
→→:エコマップ活動
  • 1班 宝ヶ池→→→→京都国際会館
    2班 広隆寺→→→→映画村
    3班 平安神宮→→→銀閣寺
    4班 北野天満宮→→金閣寺
    5班 天竜寺→→→→嵐山
    6班 三年坂→→→→祇園
   「環境市民の会」関係リンク

都「環境市民の会」のホームページ

    
環境共育事務所カラーズ」ホームページ

    共育:マチガイデハありません!!
 旅館に戻ったのが午後3:00頃でした。ボランティアの方の指導を受けながら、エコマップを作成しました。
 ほぼ時間ぐらいで模造紙2枚分ほどの紙に自分で感じたこと、思ったこと、などを楽しくまとめました。中には30分ほどで仕上げた班もありました。
 さあ、いよいよ発表です。同日の午後5:30から旅館の大広間で1時間ほどで行いました。
 各班が、写真のように、ボランテイアのリーダーの方(右)のサポートを受けながら発表していきます。一人ひとりが思い思いに話していきますが不思議と内容がまとまります。
 右写真は、祇園の町界隈を散策した2班が、面白くほのぼのとした人とのふれあいを報告しているところです(詳細は下に)。
               
   2班作成エコマップの発表から
 私たち2班は、京都祇園のまちなかをそぞろ歩きしましたので発表します。(注:メンバーが交代しつつ発表)
<真ん中の黒い枠状> 黒い線は、私たち2班が歩いた祇園の町道路図です。
<下なか図>一番最初に八坂神社のこま犬の下に猫がいるのを発見!(笑い)。きゃーきゃーいいながら歩いているうちに、
<右なか図>祇園の古い二階家の軒屋根のほぼ真ん中に「しょうきさん」がありました。そこのおじさんから、「あれは魔よけです」と教えてもらいました。
<右上図> 歩いてきた道をふっと振り返ると、祇園の新しい町の方は、電柱と電線がごちゃごちゃして見苦しいほどでした。京都の人はそれを「蜘蛛の巣城」ともいってひにくっていました。
<上なか図>ただ、今の人気の団子三兄弟の「くしだんご」が売っていておいしそうでしたが、見学中なので食べることはできませんでした。・・・
 ところで、反対側の古い祇園は、そのようなことはなく、静かで美しい町並みでした。
<左上図・・逆さまに描いている> そうこうして歩いていると、美しい川にやってきました。鯉がたくさん泳いでいました。校長先生にあの木は?と尋ねると、柳ということでした。
 そこへ、その川の橋の上で上手な絵を描いているおばさんに会い、その絵をうっとりながめていると、「あんたたちどこからきたのですか」「そうね私、3年前まで福岡市近くの新宮におったとよ。」びっくりしました。その方といろいろお話をしました。
 (拍手)

 別れがやってきました。ボランティアの方々に合唱「翼をください」を贈りますと、市民の会の方々には、目頭をおさえる方もあり、こみあげる感動を生徒は味わいました。まことに行き届いたお世話に心からお礼を申し上げました。
 See you again!


 修学旅行終了後、1週間ほど経って、全校集会で後輩の1・2年生に報告しました。
 写真は後輩から質問を受けている場面です。自分で調べてきたことですから、よく答えているなと感じました。
        体験学習、エコ修学旅行大成功



生徒の感想(平成10年分から)
【一部から・無作為抽出(感想文の袋から、本ページ作成者が目をつぶりパッと取り出しました。!!)】
<洋美.A>
 エコマップは、ゆっくりと歩いた方がけっこういろんなことに気づくのでないかなぁと思った。
 ゆっくりとじっくり気を付けて見つめていると、小さな虫やカラスの鳴き声など、普段聞き慣れていることがたのしくなって、わくわくしました。だから、ふだんから気を付けて歩いていると結構いろんなことがみつけられて、自然と深くふれあえるのではないでしょうか。
<さとし.A>
 僕は、これをする前、ぜったいおもしろくないと思っていました。でも、エコをやっていると、京都のいろんな事がたくさん見つけられて、とてもおもしろかったです。京都の人は親切で、僕達に西陣織りをしているおじさんや、御土居というものを見せてくれたり、京都の人が親切で、いいエコマップ作りの観察ができた。