堤が破れたー
堤が破れた!


 宮若市一帯は、平成11年6月29日午前10時過ぎ、未曾有の大雨に遭いました。
その折、本HP担当者は町内の学校に勤務していましたが、学校周辺のアクセスの道路は冠水し、一時は、生徒・教師共々籠城!を覚悟しました。
その記憶は、多くの人々に永く刻まれ、消えることはないでしょう。
 この度、当時の塩川善運氏の凄まじい体験を、当時鞍手農業高校教諭であった澤田憲孝先生によって文章化された「堤が破れたー」に出会いました。これからの災害に備えるためにも紹介しましょう。

  平成11年6月29日午前11時半頃の現宮若市役所前の犬鳴川の氾濫の様相です。宮田橋の橋桁がほとんど隠れようとしています。      澤田憲孝氏提供



 大道堤の崩壊の様子がよく分かります(左写真)。
 右は、宮田町役場で記録された、1時間95mmの記録グラフです。真ん中の頂点部分がその記録です。短い時間に集中的に降っていることが分かります。その後ぴったりと雨が降り止みました。そのまま降り続いていたらと思うとぞっとします。




 
   し  論  た  で  た  に  し  波  係  で  が     る  れ  ん  再  越  が  れ                   
   た  店  店  も   ゜ 巻  逃  が  員  し  流   ┓ 農  は  流  認  す  町  も  平                
    ゜ も  に  逃  係  き  げ  発  の  た  さ  大  産  お  れ  識  大  で  し  成           堤    
   店  水  居  げ  員  込  て  生  話   ゜ れ  道  物  か  だ  さ  降  の  な  十     平    ┌┐   
   の  浸  る  ら  の  ま  き  し  で  さ  そ  堤  販  し  し  せ  雨  計  い  一     成     つ    
   前  し  と  れ  女  れ  た   ` は  っ  う  が  売  い   ` ら  だ  測  集  年     十     つ    
   の  に   ` 様  性   `  ` 山   ` そ  で  破  店  と  家  れ  っ  が  中 ┌┐    一     み    
   道  な  突  に  も  助  と  津  若  く  す  れ  よ  思  の  ま  た  始  豪  一     年    └┘   
   路  り  然  準  家  け  か  波  宮  三   ゜ た  り  い  庭  し  と  ま  雨  九     当     が    
   を  ま  水  備  の  を  一  に  と  人  店  の  一  ま  も  た  言  っ  が  九     時     破    
   越  し  が  し  裏  求  部  挟  如  で  を  で  報  し  水   ゜ う  て  有  九     六     れ    
   え  た  押  て  が  め  で  ま  来  現  閉  は  が  た  び  夜  事  以  り  年     十  塩  た    
   て   ゜ し  い  危  て  は  れ  田  地  め  な  入   ゜ た  半  を  来  ま └┘    七  川  |    
   店  経  寄  ま  な  い  女  た  の  に  て  い  り  朝  し  よ  聴  の  し  六     才          
   の  験  せ  す  い  る  性  運  間  行  避  で  ま  方  に  り  き  一  た  月        善       
   下  し   `  ` の   ` が  転  の  き  難  し  し   ` な  裏   ` 時   ゜ 二     職  運       
   の  た  堤  と  で  と  自  者  道  ま  し  ょ  た  如  り  山  初  間  後  十     業          
   田  事  の  の   ` か  動  が  で  し  ま  う   ゜ 来  だ  か  め  雨  日  九                
   に  の  下  事  玄  言  車  自  数  た  す  か     田  し  ら  て  量  役  日     農          
   流  な  の  で  関  っ  ご  動  ヶ   ゜┗   ?     入  ま  雨  雨  九  場  六     業          
   れ  い  水  し  口  て  と  車  所  販  と   `    り  し  が  の  十  の  時                
   る  洪  田  た  で  い  山  を  の  売  の  販     口  た  ど  恐  五  雨  頃                
   水  水  は   ゜ い  ま  津  放  山  所  連  売     に   ゜ ん  さ  o  量   `               
   が  で  勿  ま  つ  し  波  置  津  の  絡  所     有  こ  ど  を  を  計  忘                
                                                                             
 
   早  側     く  ま  近  な  れ  三  そ     濁  の  く  こ  ま  こ  メ  る  の  見  田     滝    
   く  の  中  事  ず  付  り  そ  人  の  勿  流  一  し  の  し  し  |  非  山  た  圃  道  の    
   こ  山  止  は   ` こ  ま  う  で  泥  論  洪  位   ` 山  た   ` ト  常  よ  の  の  が  様    
   こ  が  し  中  こ  う  し  な  相  は  下  水  が  溢  津   ゜ 道  ル  に  り  は  中  洪  で    
   か  山  て  止  の  と  た  の  談  下  の  の  壊  れ  波  勿  路  以  弱  の   ` を  水  し    
   ら  ご  良  し  ま  し   ゜ で  し  流  水  原  れ  た  の  論  を  上  い  山  今  通  の  た    
   安  と  か  ま  ま  ま  三  栓   ` 数  田  因  水  水  流  電  越  の  地  は  ま  り  流   `   
   全  動  っ  し  で  し  人  を  こ  百  も  だ  が  が  木  信  し  高  質  元  で   ` 木  と    
   な  き  た  た  は  た  で  抜  の  メ  流  っ  流  堤  や  柱  て  さ  の  々  見  大  や  の    
   所  だ  と   ゜ こ  が  や  い  ま  |  木  た  れ  を  土  も   ` 幅  所  黒  た  道  土  事    
   に  し  思     こ   ` っ  て  ま  ト  や  よ  だ  越  砂  倒  流  十  で  い  事  堤  砂  で    
   逃   ` い     も  堤  と  水  で  ル  土  う  し  え  が  れ  木  五  し  感  の  に  で  し    
   げ  蝉  ま     危  の  の  位  は  ま  石  で  て  そ  堤  堤  土  メ  た  じ  な  行  通  た    
   な  川  す     な  破  事  を  さ  で  で  す  い  の  の  の  砂  |   ゜ の  い  き  行   ゜   
   け  堤   ゜    い  れ  で  下  ら  流  メ   ゜ ま  水  左  方  共  ト  そ  土  大  ま  不       
   れ  も  こ     と  方  堤  げ  に  れ  チ     し  の  岸  に  に  ル  こ  に  道  し  能       
   ば  危  の     い  が  の  よ  大  だ  ャ     た  勢  の  倒  堤  以  が  小  の  た  な       
    ` な  後     う  ひ  上  う  き  し  ク      ゜ い  余  れ  に  上  こ  石  破   ゜ の       
   三  く  蝉     事  ど  に   ` く  て  チ     こ  で  水  て  流  で  の  が  堤  そ  で       
   人  な  川     で  く  行  と  堤  い  ャ     れ  堤  吐  い  れ  山  大  交  で  こ   `      
   と  り  堤      `  ` き  い  が  ま  で     が  防  を  ま  だ  津  雨  じ  し  に  道       
   も  ま  の     栓  雨   ` う  破  し  し     下  の  埋  し  し  波  で  っ  た  つ  の       
   濁  し  左     を  も  栓  事  壊  た  た     流  三  め  た  て  を  十  て   ゜ い  端       
   流  た  岸     抜  止  に  に  さ   ゜  ゜    の  分  尽   ゜ い  お  五  い  道  て  や       
       ゜                                                                     
 
   と  を  は  と  な  に  い  ま  完  や     て  て     を  近  も  ま  い  れ  で  作  た  に    
   思  ひ  忘  思  い  沢  か  し  成  っ  今  元  復  そ  通  く  表  す  た  ば  き  業  係  呑    
   い  そ  れ  い  様  山  と  た  や  て  度  の  旧  の  ら  は  法   ゜ か  ひ  ま  で  の  み    
   ま  め  た  ま  に  あ  思  が  河  く  の  通  が  後  な  不  が  又  も  ょ  せ   ┓ 人  込    
   す  て  頃  す   ` る  い   ` 川  る  水  り  計  大  く  気  崩  農  し  っ  ん  山  が  ま    
    ゜ 待  に   ゜ 雨  の  ま  今  の ┗   害  に  ら  道  な  味  れ  産  れ  と ┗   が   ` れ    
      ち  や  災  に  で  す  回  拡  と  で  復  れ  堤  り  で  だ  物  ま  す  と  ゾ  雨  そ    
      構  っ  害  は  す   ゜ の  張  い  経  元  ま  の  ま  如  し  販  せ  る  話  ロ  が  う    
      え  て  を  く  か  な  様  工  う  験  さ  し  下  し  来  て  売  ん  と  し  ゾ  や  な    
      て  く  経  れ  ら  ぜ  な  事  事  し  れ  た  の  た  田  い  店   ゜  ` て  ロ  ん  情    
      い  る  験  ぐ   ゜ な  災  や  で  た  ま   ゜ 田   ゜ の  た  よ  無  二  い  と  で  況    
      る ┗   し  れ  子  ら  害  嵩  す  こ  し  堤  畑     人   ` り  理  次  ま  崩  数  で    
     ┗    ┓ た  も  供  今  は  上   ゜ と  た  の  は     々  と  北  を  災  し  れ  日  し    
      こ  災  者  注  達  回  今  で  八  は   ゜ 方   `    は  い  側  し  害  た  そ  後  た    
      の  害  の  意  に  の  後  大  木   `    も  町      ` う  に  な  が   ゜ う  に   ゜   
      言  は  義  す  も  様  も  き  山   ┓    大  の     生  事  あ  く  発  あ  で  も  又    
      葉  身  務  る  今  な  発  な  ダ  災     が  災     見  で  る  て  生  の   ` か  災    
      を  近  と  よ  回  所  生  水  ム  害     か  害     貯   ` 生  よ  し  時  安  か  害    
      伝  な  し  う  の  は  す  害  や  は     り  復     水  そ  見  か  巻  無  心  わ  復    
      え  と  て  に  洪  犬  る  は  犬  忘     な  旧     池  の  貯  っ  き  理  し  ら  旧    
      話  こ   ` 伝  水  鳴  の  な  鳴  れ     工  工     の  後  水  た  込  を  て  ず  に    
      し  ろ   ┓ え  を  川  で  く  ダ  た     事  事     前  一  池  と  ま  し  作   ` 当    
      た  に  災  た  忘  流  は  な  ム  頃     を  と     の  ケ  の  思  れ  て  業  復  た    
      い  息  害  い  れ  域  な  り  の  に     へ  し     道  月  堤  い  て  い  が  旧  っ    
                                                                             

トップページへ