伝説
人柱の話

 みなさん、信じられないことでしょう。しかし、私たちの幸せのためにいけにえになった人々がいた話を直視しないといけないと考え、ここにその伝説を紹介しましょう。

◆明治以降、新聞に載った例


 
   の  の  し  池  八    ┌┐ っ  ら  は  っ  辺  自  こ  て  隈  手             
   度  人  や ┌┐ 年  と  ま  て  の   ` て  り  分  ろ  転  堤  商  今          
   の  柱  っ  下 └┘ こ  つ  い  う  こ  散  一  の  が  落  横  業  か     人    
   道  の  た  写     ろ └┘ た  わ  の  ら  面  体   ` し  の  高  ら     柱    
   路  祠 └   真  小  が  り  石  さ  神  ば  に  は  そ  命  急  校  数     の    
   工  だ  と └┘ 野   ` ま  片  に  様  っ  石  け  の  が  斜  へ  十     話    
   事  っ  い  が  加  石  し  を  な  が  て  の  が  人  な  面  行  年          
   の  た  う  で  助  像  た  集  り  助  い  祠  一  が  い  で  く  前          
   と  の  話  き └   裏 ┌┐ め   ` け  る ┌┐ つ  落  と  工  道   `         
   き  で  が  た  の  面  下  石  工  て  で  ほ  し  ち  思  事  を  宮          
   に  し  伝  と  銘  に  の  祠  事  下  は  こ  て  て  わ  を  作  若          
   う  ょ  わ  き  が   ┐ 写  を  関  さ  あ  ら  い  気  れ  し  る  市          
   っ  う  っ  に  あ  安  真  復  係  っ  り └┘ ま  が  る  て  と  所          
   か  か  て   ┐ り  政 └┘ 元  の  た  ま  が  せ  つ  状  い  き  田          
   り   ゜ い  人   ` 五   ゜ し  会  の  せ  バ  ん  い  況  た  の  の          
   打  そ  ま  柱  そ  年     て  社  だ  ん  ラ   ゜ て  で  人  話  中          
   ち  れ  し  が  の ┌┐    神  は  と  か  バ  し  み  し  が  で  組          
   壊  を  た  た  こ  一     様  散  も   ゜ ラ  か  る  た   ` す  か          
   し   `  ゜ た  ろ  八     を  ら  っ  こ  に  し  と   ゜ 誤   ゜ ら          
   て  こ  そ  っ  溜  五     祀  ば  ば  れ  な   `  ` と  っ  前  鞍          
    `                                                            
祠(ほこら)に高さ30pほどの石像が鎮座しています。 それは前隈堤(まえくまつつみ)横に
丁重に祀られています。
 
               典  は  ら  ※  れ  ま  る  ど  ※     ら  い  重  祠  っ  バ    
                   `┌┐ ∧  た  た  た  の  ∧        ま  に  に  た  ラ    
               小  小  神  祠  人  は  め  困  人     本  む  祀  打  と  バ    
               学  さ  庫  の   ゜ 地  に  難  柱     H  か  っ  ち  い  ラ    
               館  な └┘ 意     中   ` な  の     P  し  て  壊  う  に    
                  や └   味     に  い  工  意     担 └   い  し  こ  な    
               一  し  の  ∨     埋  け  事  味     当  宮  ま  た  と  っ    
               九  ろ  変  ほ     め  に  に  ∨     編  田  す  こ  で  た    
               九  を  化  こ     る  え  あ        集  町   ゜ と  す  ま    
               八  い └┘ ら     こ  と  た  1    └┘ 教 ┌┐ を   ゜ ま    
                  う  神 ┏┓    と  し  っ           育   ┐ 深  そ  打    
               か   ゜ を  祠      ゜ て  て  昔        委  宮  く  こ  ち    
               ら ┌┐ ま  ・     ま  生   `  `       員  田  詫  で  捨    
              └┘ 以  つ  叢     た  き  神  城        会  町  び   ` て    
                  上  る  祠      ` た  の  ・              つ  そ  て    
                     社 ┗┛    そ  人  心  橋        平  祭  つ  の  い    
                  国  殿 ┌┐    の  を  を  ・        成  り   ` 後  た    
                  語   ゜  ┐    埋  水  和  堤        七  行  祠   ` の    
                  大  多  ほ     め  底  ら  防        年  事  を  そ  で    
                  辞  く  く     ら   ` げ  な        か  の  丁  の  あ    
                                                                 

 追書き
 上の右写真の堤(つつみ…農業用水溜池)は、平成9年頃、堤防等の改修工事が行われましたが、神官によって祠に祈りをささげ、工事が始められたとのことです。




明治以降の新聞に載った例
雨乞いに乙女を人身御供
 
   き  出  実  日  し  ら  犠  日  某  利  郡              |        明    
   こ ┌┐ に  斯  る └┘ 牲  の  が  か  奥  今        雨  |     ∫  治    
   と  す  数  様  し  に  に  旱  他  ず  海  時        乞  |     京  以    
   な  す  万 ┌┐└┘ 奉  し  魃  の  非  寺  に        ひ  |  *  都  降    
   り  み  人  こ  あ  り  て ┌┐ 甲  常  村  あ        に  |  原  府  の    
   当  い  の  ん  り  け  柳  ひ  乙  の  辺  る        乙  |  文  乙  新    
   村  で  幸 └┘ て  れ  谷  で ┌┐ 困  に  ま        女  |  の  訓  聞    
   何 └┘ 福  な  近  ば  の  り  た  迫  て  じ        を  |  ま  郡  に    
   其  其  な  犠  村  忽  奥 └┘ れ  に  近  き        人  |  ま  か  載    
   の ┌┐ り  牲  大 ┌┐ 山  あ  か  陥  日  野        身  |     ら  っ    
   娘  そ  と  に  に  た  に  り  れ  り  一  蛮        御  | ┌┐ ∫  た    
   き └┘ い  な  潤  ち  在  し └┘ し  滴  の     犠  供  |        例    
   よ  は  ふ  る  ひ  ま  る  時  に  あ  の  話     牲     | └┘         
  ┌┐ 最  に  べ  た └┘ 山  十  語  ま  雨  は     代     |  は          
   廿  易  同  き  り  ち  神  七  る  り  な  京     は     |  原          
   年 ┌┐ 席  娘  と  其  の  八  や  に  く  都     百     |  文          
  └┘ い  の  の  聞  験  嗣  の  う  同  又  府     円     |  の          
   薄  と  某  在  け ┌┐┌┐ 美  は  村  雨  下           |  ル          
   命  や  が  れ  り  そ  ほ  女  昔  の  乞  乙           |  ビ          
      す  進  ば  今  の  こ  を  百  何  も  訓                         
     └┘                                                      
 
         裁  戻 ┌┐ た  へ  よ  へ  く  谷  の  渡  と  ろ  よ  ぞ ┌┐┌┐   
         判  の  よ  も  ど  り  ら  と  の  者  し  称  よ  り  何  や  ふ    
         所  勧  っ  の  お  先  れ  こ  奥  七  て  し └┘ 某  分 └┘ し    
         へ  解 └┘ を  き  に  し  ろ  山  名  愈  て  く  は  貴  れ  あ    
         持  願  て  ば  よ  与  を  と  へ  が  々  百  承  お  様  ば  わ    
         出 ┌┐ 去  返  親  へ  以  な  登  陰 ┌┐ 円  諾  き  に  直  せ    
      朝  せ  く  三  す  子  し  て  り  ら ┌┐ い  の  せ  よ  頼  ぐ └┘   
      日  り  わ  日  理  は  百  犠  て  ん  ひ  よ  金  し  親  む  に  親    
      新  と  ん  村  が  一  円  牲  郡  と  そ  い  を  か  子  と  承  子    
      聞  い  か  内  な  旦  金  の  吏  す └┘ よ  徴  ば  に  て  諾  ゆ    
         ふ  い  よ  い  貰  を  事  が  る  か └┘ 集  村  説  某  さ  ゑ    
      明  は  ね  り  と ┌┐ 取  は  出  処  に  去  し  内  諭  夜  せ  彼    
      治  近  が  代  て  い  戻  一  張  を  お  三  之  の  す  は  て  に    
      16  頃  ひ  言  之  っ  さ  時  し  早  き  十  を  者  る  各  見  金    
      ・  の └┘ に  に  た  ん  中  懇  く  よ  |  お  よ  と  別  せ  百    
      8  奇  を  托  応  ん  こ  止  々  も  を  日  き  り  心  れ  る  円    
      ・  聞  京  し  ぜ  も  と  と  説  其  伴  の  よ  雨  能  夫  と  ほ    
      9  な  都  該  ず  ら  を  な  諭  筋  ひ  夜  の  乞 ┌┐┌┐ い  ど    
      付  り  治  金  依 └┘ 掛  り  を  の  て  村  親  入  こ  そ  ふ  遣    
            安  取     ふ  合  し  加  聞  柳  内  に  費  こ  れ  に       
                                                  └┘         
この資料は、牛嶋英俊氏ご提供


なお、本HP作成にあたり、ご理解ある地元関係者の方々のご協力に感謝致します。
本HP担当者から
  平成15年9月29日