本HP担当者である私が、宮田西中学校に勤務しているとき、本校教育に協力を惜しまない保護者、そして教育道に卓越した教師に恵まれ、数々の営みを重ねることができました。その中で、「諫早湾干拓事業社会見学」「親子ふれあい宿泊研修」「エコ修学旅行」などは、私として石に刻むかのように永久に残したいメモリアルであります。そこで、このMYコーナーを利用して、当時の卒業生・保護者に捧げるとともに、多くの人々にその活動の素晴らしさを感じていただくことにもなればと、2回目の「親子ふれあい(宿泊)研修」を発信します。
 なお本ページは、平成11年に発信していた内容でもって構成しています。


親子ふれあい研修紹介

◇◇親子ふれあい研修の概要◇ 

 @目的 

 ふれあい研修において、生徒・親・教師の3者の絆を深め、よりよい人間関係づくりを行い、進路意識の高揚と適正なる進路指導を高める。

  

 A実施内容例

 


○ 活動1の1(人間関係づくりゲーム)

 親、生徒、教師が一緒に共にゲームをします(写真はH.11.9.4実施分)。


「背中に何かを感じる!」

肩でふれあい相手のぬくもりを感じる・・・・


「ふれあう人は?」

互いに目をつぶり手がふれあった人とペアをつくる

「肩をほぐしましょう」

「いい気持ちを味わおう」
力一杯差し上げて歩く


○活動1の2(役割演技)


ストーリーを話し合う。 親子が逆の立場になり演技する。父母が子どもの役になり、生徒が親になって演じている。

  上右の写真は、親と子が体育館のフロアで、親と子が、逆の立場になり、寸劇をしているところです。
 互いに親と子の気持ちの理解を深め合うことができて、アットホームの雰囲気が醸し出されていました。

○活動2(職場体験学習班別発表)



   ◇ 各班(12班)が発表 

       写真は宮田町のあるスーパーで店員さんの職場体験の発表 

       職場の演技、ビデオなどを取り入れて・・・・ 

       そこへ、お母さんが突如質問!


○活動3の1(先輩進路決定アドバイス)

0人の先輩・・・・公立・私立高校生、大学生、社会人

エールをおくられる。「西中生〜〜い 
       ファイト−−−−−っ」



○活動3の2(親・教師の進路体験講話)

お母さん講話 「高校を卒業して、資格を取りました」

○活動4(パーテイーをしよう)

  その後、親と教師、そして楽しく懇談します。

○活動5(親子手紙交換)


本ページでは、別ページで紹介しています「親子ふれあい研修」において、
メインでもあります最終プログラム「親子手紙の交換」の一部を紹介いたします。
実は、親子の手紙の内容は、下に示しますように、全体の場で公開していますが、
やはりプライバシーの部分でもありますので、
ビデオに記録していましたものの中から、無作為に抽出し、
当親子に許諾を得て下に2件のみ載せていますので、ご了解のほどお願いします。<(_ _)>

 
ごらんください。みんな真剣です。鉛筆の音
しか聞こえません。
「手紙の交換」は、研修の最終段階に行われます。左写真のように親子共々約1時間で、B5用紙1枚から2枚にわたって作成されているようです。
 なお、都合により欠席の親の手紙は、前もって作成をお願いして、担任が当日生徒に渡します。
 このあとすぐさま二つほどの部屋にわかれ、右下写真のように10人ほどの円陣をつくり、親と子がそれぞれの手紙を交換し、読みあいます。


 事例1
(親と子の手紙の交換による読み合い)

親が我が子の手紙を読む親子で涙にむせぶ
これまで交わすことのなかった親と子の間の手紙を交換している場面です。
感涙にむせぶ親子が多く見られました。
・・・・お母さんの手紙...............    (生徒読み)

生徒はややうれしそうにして手紙をひろげ)これまで元気に幼稚園、小学校を無事に終え、今度は中学校を後数カ月で卒業しますね。このように一段階でもクリアしていく、あなたを見ていて、頼もしく思います。あなお母さん、母の手紙を読む息子に感涙!たが幼稚園入園式で入場してきたとき、思わず涙が出てきてしまいました。必死でこらえていたけど涙が止めどもなく出てきて、涙を止めることができなかったことを思い出します。
(それを聞いていた母親は、ハンケチを取り出して顔を覆う)
 
それを不思議そうにあなたは見ていました。それというのも、兄弟の中でもあなたは一番怪我が多く、みんなを心配かけました。一番心配したのが4歳の時の病気でした。青の時のことを思うと涙が今でも出てきます。小さな体でしたが、治療にじっと我慢していましたね。当時はとにかく小さかったけど、後でもこのことをあなたは覚えているので感心しました。そんときはほとんど何も口にせず、牛乳などでても吐き出すなど心配しました。しかし、数日たってあなたがスープを飲んでくれたので、あのときの喜びは忘れられません。小さかったけど強い力があるのだと思いました。こうしたつらい思いが、ボランテイアなどで、困っている人やお年寄りを助けることへの態度を見ているとその小さな時の苦しみが今役立っているのだと思いました。
 しかし、あなたは何も考えないでつっかかったり、無鉄砲なところがあるので、心配です。けれどもひょうきんなところもあり、みんなを楽しませてくれます。私が何かで落ち込んでいるとき、慰めてくれます。このときは救われる思いです。
 とにかくあなたは、病気、怪我など多くのつらいことに出会いましたね。兄弟の中でも怪我をいっぺんに受け持っているような気がします。そんなあなたですから、魚釣りに出かけるあなたを見て、どれだけ心配するかわかりません。今こうして元気に成長し、たくましくなっていくあなたを見ています。そのような気持ちで見ているとき、ときどきあなたからいやがられるけど、あなたのことが大好きでした。爺ちゃんが、糸電話をつくってよく遊んでくれましたね。今はもういないけど空から「がんばれ」応援してくれています。高校受験は大変だけど、昨夜のいろいろな高校の先輩の人たちのことばを忘れることなく、自分を大切に勉強してください。どんなときでもあきらめずにがんばれ。お父さんもお母さんもあなたのことが大好きです。 母より。

拍手、この手紙を読んでいる間、母親は上写真のように涙にくれていた。本人は、中間以降は顔を伏せがちであり、親の気持ち深く感動していた。) 

 
・・・・本人の手紙(左の手紙の母へ)
  
(母親読み)
 いつも心配ばかりかけて すみませんね。いつも家では 優しいお母さん。いつも笑顔 絶えないお母さんです。僕 は、今(高校)試験を控えてい つも遅くまで頑張るのでよろし く応援などお願いします。
(読んでいたお母さんはぐっと拳をかざして、 「まかしといて!」といったとた ん、会場大笑い。)
 僕が小さい頃お母さんにい ろいろ心配かけたけど、今はす くすくと育っています。しかし、 僕は兄弟の中でも一番怪我を しているので、とても気親が子供の手紙を読む(昨年の実践から)を使っ てくれていると思います。お母さ んは、いつも仕事など・・・
(読み 手のお母さん「とても読めない・ ・・しばらくして)  
 いつも仕事などしているので、
お母さんは疲れているので、体 などに気をつけてくだ さい。 きつくてたまらないときなどに 僕に言ってください。僕は何で も手伝うつもりです。僕はあま り頭の良い方ではないけど、行 きたい高校に行けるように頑張 るつもりです。僕は将来の夢な どは決めていないけど、よかっ たら僕は家を継ぎたいと思いま す。
 兄貴は農業など似合わないし、長続きはしない気がするので、
(会場どっと笑い・・・)
ほんとに 体に気をつけて長生きをして頑 張っていきましょう。○○より。

母さんは読み終わってすぐに本人へ「ありがとう」という。・・それに大きな拍手、・・・・お母さんしきりとハンケチで涙をぬぐう・・)
 
 
事例2
(親不参加の場合に、事前に届けられた親からの手紙を読む)
 
 前もって書かれた(今回都合により不参加の)母親の手紙を読もうとして涙ぐむ生徒
( はじめに女生徒が親の手紙を読もうとしたが、母親の手紙を見た途端、顔を真っ赤にして、読める状態になかなかならない。とうとうタオルを取り出し、あふれる涙をぬぐい始めた。2分、3分・・・・)(本人しばらく読めない)
  さっちゃん、生まれてから15年、いろんなことが思い出されます。ある幼いときブロック塀に激突して大した怪我でなくよかったことがありました。
 小学校に入学した頃のことです。私が入院して、家族と離れていたとき、あなたは心を痛めていたと思います。寂しい思いもしたことでしょう。そのときのことを思うと,お母さんはとてもつらかったのです。お母さんも元気でさっちゃんと共に行動していきたいです。あなたはよく気がつき、楽しい雰囲気をつくってくれますので、楽しく過ごしています。またお父さんも、楽しみにしています。これからあなたは目標に向かって頑張り、それがかなえられるように祈っています。友人関係を大事にして。体に気をつけ、過ごしてほしいと思います。あなたの一番好きな「優しさ」を大事にして。母より。涙、涙であった。会場から割れんばかりの拍手が続いた。)

○活動7(レクレーション)

水産高校でカッター競技に出場!

 親子・教師でイチ、ニー・・・ なかなか進みません

 下表のように、親子ふれあい研修は平成6年に進路学習の一環として2年生から始まりましたが、平成8年から、教育成果が大きいことと、親御さんの要望もあり、全学年で行われるようになりました。(本HP担当者平成12年度在職までの記録)
宮田西中学校 親子ふれあい合宿・研修実績一覧
年度 1学年 2学年 3学年
1組・1泊2日(長崎県) 2組・1泊2日(福岡県)
合同・1泊2日(福岡県) 合同・1泊2日(大分県)
寒稽古(3日間) 1泊2日 合格祈願・1日(大分県)
1日(佐賀県) 1泊2日(鹿児島県) 1泊2日(熊本県)
10 1日(本校) 1泊2日(福岡県) 1泊2日(福岡県)
11 1日(本校) 1泊2日(福岡県) 1泊2日(福岡県)
12 1日(本校) 1泊2日(福岡県) 1泊2日(福岡県)