岩淵の大なまず


 福岡県宮若市、県道「飯塚・宮田線」のJRバス停「岩淵」前で、夏は子どもたちの水浴び場でもある千石川に、「岩淵の大なまず」という素朴な民話がありました。紹介します。

 お弁当もってご家族でいらっしゃいませんか。広々としたすてきなところです。


 えっ、今も大なまずがいるのでは?!・・・。いいえご心配ないと思いますが。私も幼いときから、ここで遊んでました。





ひだりは「なまず」です。

 
   さ  し  し  た  顔  が  ず     た  み  大  道  そ  淵  の  の  淵             
   れ  て  ま  ら  色  見  を  百   ゜ た  な  す  う  は  浅  地  と  鞍     岩    
    ` 下  う   ` を  納  獲  姓     く  ま  が  だ  こ  瀬  区  い  手     淵    
   百  さ   ゜ 日  変  め  る  が     て  ず  ら  と  の  で  に  う  郡     の    
   姓  れ  鵜  本  え  に  た   ┐    長  が   ` 答  あ  馬  や  地  宮     大    
   は └   を  中  て  な  め  近     い  沢  坊  え  た  を  っ  区  田     な    
   そ  と  入  で   ┐ る  に  い     旅  山  さ   ` り  洗  て  が  町     ま    
   の  せ  れ  も  そ  て  鵜  う     を  す  ん  百  か  っ  き  あ  の     ず    
   家  き  る  珍  れ  し ┌┐ ち     し  ん  は  姓  な  て  た  る  千          
   に  た  こ  し  は  ょ  う  に     て  で   ┐ は └   い   ゜  ゜ 石          
   案  て  と  い  い  う └┘  `    き  い  あ  淵  と  た  日  む  川          
   内  た  を  大  か └   を  地     ま  る  の  に  坊   ゜ 暮  か ┌┐         
   し   ゜ 決  な  ん  と  淵  区     し  と  淵  案  さ   ┐ れ  し  八          
   た  坊  め  ま   ゜ 話  に  で     た  開  に  内  ん  岩  な   ` 木          
    ゜ さ  た  ず  そ  す  入  は     の  い  は  す  は  淵  の  旅  山          
   坊  ん  人  が  ん  と  れ   `    じ  た  珍  る  声  と  で  の  川          
   さ  の  の  死  な   ` ま  こ     ゃ  の  し  こ  を  い   ` 坊 └┘         
   ん  見  所  に  こ  坊  す  の    └   で  い  と  か  う  百  さ  沿          
   は  幕  に  絶  と  さ   ゜ 大     と   ` ほ  に  け  大  姓  ん  い          
   鵜  に  案  え  を  ん  こ  な     言  一  ど  し  た  き  が  が  に          
   を  押  内  て  し  は  れ  ま     っ  目  の  た   ゜ な  川  こ  岩          
                                        ゜                        
 
            人  身  化  が  こ  て  と  る  鵜  ま  で     家  泊  約  れ  淵    
            び  を  け  出  の  き   `  ゜ は  ず   ` 一  の  ま  束  ほ  に    
            と  も  て  て  大  た  こ   ┐ つ  を  坊  方  人  り  し  ど  入    
      局 ┌┐ は  っ  一  き  な  の  れ  し  ぎ  獲  さ   ` の   ` た  の  れ    
      編  昭  語  て  族  た  ま  で  ま  た  つ  り  ん  地  知  赤   ゜ 頼  な    
       ┐ 53  り  な  の   ゜ ず  二  た  た  ぎ  始  と  区  ら  飯  夜  み  い    
      ふ  ・  合  ま  命   ┐ を  度  手  か  と  め  の  の  ぬ  の  も  と  よ    
  ┌┐ る  10  っ  ず  ご  さ  捕  び  負  な  手  た  約  人  間  も  ふ  あ  う    
   一  さ  ・  た  一  い  て  え  っ  い  な  負   ゜ 束  た  に  て  け  れ  必    
   部  と  29   ゜ 族  に  は  て  く  の  ま  い  と  を  ち  坊  な  た  ば  死    
   本  筑  ・     を  来  こ  腹  り  大  ず  に  こ  破  は  さ  し  の  仕  に    
   H  豊  上     守  た  の  を  し  な  め  な  ろ  っ  前  ん  を  で  方  頼    
   P └   刎     っ  が  大  裂  た  ま  が  っ  が  て  か  は  受   ` な  む    
   担  か        た   ` な  く   ゜ ず └   て  :  淵  ら  出  け  坊  い  の    
   当  ら  朝     の  約  ま  と  さ  が   ` 浮  :  に  準  立  た  さ   ` で    
   者 └┘ 日     で  束  ず   ` ん  浮  と  か  淵  鵜  備  し   ゜ ん  と   `   
   変     新     あ  を   ` 中  ざ  か  驚  び  に  を  し  た  翌  は  取  坊    
   更     聞     ろ  破  坊  か  ん  び  い  上  も  入  て   ゜ 朝  そ  り  さ    
  └┘    筑     う  ら  さ  ら  苦  上  て  っ  ぐ  れ  き     早  の  や  ん    
         豊    └   れ  ん  赤  労  が  い  て  っ   ` た     く  家  め  の    
         支     と   ` に  飯  し  っ  る  く  た  な  の      ` に  を  そ    
                            `                                    


トップページへ