直線上に配置


中学生、人権の尊さをうったえる

わたしたちの、『人権』に対する考えを聞いてください。



 平成14年12月4日(水)、午後1時半から、マリーホール宮田において、開催されました。講演に先立って、平成14年度全国中学生人権作文コンテストの直鞍地区予選で優秀賞を受けた町内の中学生の「人権作文」発表が行われましたが、その内容に多くの町民は胸を打たれました。そこで、その4人の原稿をページ化しました。

 なお、下の「松岩菩提の塔」は、福岡県大会で奨励賞を受賞しています。
 
 一つ一つの作文は、昨今の時代をも反映しながら、人として生き方を純粋に鋭く突いています。私たちは、子どもたちの声を聞いて、自分と他人とのちがいから生まれる感情なり、考え方なりから生じる言動を今一度見直し、すべての人々、町民が思いやりをもって美しく、明るく生きていくことを目指したいと思います。


人権週間宮田町講演会開会セレモニー

右に受賞者4人が見えます。


 
   け     感  書  名  水   ┐ ち  ず  っ     で  回  る  る  見  た  さ  事                
    ` 建  心  い  前  道  松  は  歩  た  そ  あ  目  供   ゜ つ   ゜ れ  が  八             
   墓  立  し  て  を  も  岩  目  い   ゜ の  る  だ  養 └   か  ゴ  た  載  月         ┐   
   石  の  た  あ  書  引  菩  的  て  近  記   ゜ そ  塔  と  っ  ル  炭  っ  二        松    
   の  碑   ゜ っ  く  い  提  地  登  く  事     う  に  い  た  フ  鉱  て  十    ┌┐ 岩    
   代  に     て  ノ  て └   に  っ  ま  を     で  つ  う  り  場  労  い  六     し  菩    
   わ  は      ` |  あ  と  着  た  で  読      ` い  よ  し  開  働  た  日     ょ  提    
   り   ┐    何  ト  り  書  い   ゜ 行  ん     約  て  う  た  発  者   ゜ の     う  の    
   に  法     回  も   ` か  た  せ  く  で     九  説  に  計  の  の   ┐ 新  宮  が  塔    
   松  名     も  置  お  れ   ゜ ま  と   `    十  明   ` 二  た  供  戦  聞  田  ん └     
   岩  も     掃  い  参  た  お  い   ` 僕     人  し  小  百  め  養  争  に  西          
   が  な     除  て  り  大  墓  山  せ  と     の  て  竹  四  掘  塔  中  写  中  ぼ       
   お  い     に  あ  し  き  が  道  ま  母     参  あ  町  十  り  を  に  真     だ       
   か   `    来  っ  た  な  た  を  い  と     列  っ  の  五  起   `  ` つ  三  い       
   れ  職     ら  た  人  塔  く  二  山  弟     者  た   ┐ 人  こ  遺  朝  き  年  の       
   て  種     れ   ゜ や  が  さ   ` 道  の     が   ゜ 松  の  さ  族  鮮  で     と       
   い  が     て  同   ` あ  ん  三  に  三     お  供  岩  遺  れ  や  半   ` 深  う       
   る  刻     い  じ  掃  っ  あ  分  な  人     参  養  菩  骨  た  有  島  あ  田 └┘      
    ` ま     る  名  除  た  っ  歩  り  で     り  祭  提  を  り  志  か  る  哲          
   埋  れ     ん  前  を   ゜ た  い   ` お     を  は └   納   ` ら  ら  供  彰          
   葬  て     だ  が  し  近   ゜ て  車  参     し  今  と  骨  そ  が  強  養  さ          
   さ  い     な  何  た  く  そ   ` は  り     た  年  呼  し  の  建  制  祭  ん          
   れ  る      ` 度  人  に  し  僕  入  に     そ  で  ば  て  後  立  連  の             
   て  だ     と  も  が  は  て  た  ら  い     う  九  れ  い  に  し  行  記             
                         `                                                
 
   深  人     と  っ  れ  か  は  く  理  権  た     る  て  を  ら  石  し  同  の  改  い    
   く  権  新  伝  た  ず  僕   ` な  や  利   ゜ 僕   ゜ 出  あ  連  炭  て  胞  炭  装  る    
   な  の  聞  え  人  に  に  人  っ  り ┌┐  ┐ は     て  げ  れ  に  供  犠  坑  さ  人    
   る  尊  の  て  た   ` は  権  て  連  人  権   `    く  た  て  な  養  牲  犠  れ  を    
   こ  さ  記  い  ち  故  ま  は  か  行  権  利  こ     る  り  こ  れ  塔  者  牲   ` 確    
   と  を  事  か  の  郷  だ  あ  ら  さ └┘ を  の     ボ   ` ら  な  を  の  者  歴  認    
   を  学  の  な  こ  か  わ  っ  も  れ  を  復  塔     タ  お  れ  い  建  慰  の  史  で    
   願  ぶ  最  け  と  ら  か  た  法   ` と  元  を     石  墓  て  ボ  立  霊  供  の  き    
   っ  場  後  れ  を  も  ら  の  名  つ  り  す  見     を  を  炭  タ  し  と  養  証  な    
   て  と  に  ば   ` ひ  な  だ  も  ら  も  る  な     墓  建  鉱  の  た  復  を  が  い    
   い  し  は  な  僕  き  い  ろ  名  い  ど └   が     標  て  で  こ   ゜ 権  発  消   `   
   る  て   ` ら  た  は  が  う  前  仕  す  と  ら     に  た  働  と └   を  願  滅  そ    
    ゜ 活  代  な  ち  な   ` か  も  事 └   い   ┐    し  り  い  だ  と  望  し  し  ん    
  └   用  表  い  も  さ  基   ゜ 書  を  こ  う  復     て  で  た  そ  書  む  た  よ  な    
   と  さ  者  の  も  れ  本  ど  か  さ  と  こ  権      ` き  人  う  い  在  地  う  こ    
   書  れ  の  で  っ  て  的  ん  れ  せ   ゜ と └      供  ず  々  だ  て  日  元  と  の    
   か   ` 方  は  と   ` な  な  ず  ら  生   ` と     養   ` は   ゜ あ  コ  住  し  墓    
   れ  日  が  な  知  つ  権  事  に  れ  き   ┐ い     し  石  死  か  っ  リ  民  て  地    
   て  韓   ┐ い  っ  ら  利  情  い  て  て  人  う     て  炭  ん  つ  た  ア   ` い  が    
   あ  関  反  か  て  い  さ  が  た   ` い  間  言     い  を  で  て   ゜ 同  市  た  開    
   っ  係  戦  と   ` 日  え  あ  人  ま  る  と  葉     た  掘  も   ` 松  胞  民  時  発    
   た  が  平  思  き  々  も  っ  た  た  間  し  を     の  っ  お  朝  岩  が  団   ` の    
    ゜ 一  和  っ  ち  を  守  た  ち   ` に  て  考     で  て  葬  鮮  と  協  体  全  た    
      層   ` た  ん  送  ら  の  に  亡  無  の  え     あ  い  式  か  は  力   ` て  め    
             ゜                                            `               
 
                                                は  く  を  る  く     ち       
                                                な  ら  一   ゜ の  今  に  今    
                                                い  な  つ     人  年  な  回    
                                                か  け  ひ  私  々  は  っ  初    
                                                と  れ  と  た  が  ワ  た  め    
                                                思  ば  つ  ち  行  |   ゜ て    
                                                う  な  な  は  き  ル     お    
                                                 ゜ ら  く  も  来  ド     参    
                                                   な  し  っ  し  カ     り    
                                                   い  て  と  た  ッ     し    
                                                    ゜  ` 歴  り  プ     て    
                                                   そ  国  史   ` の      `   
                                                   れ  と  を  年  日     何    
                                                   が  国  知  々  韓     だ    
                                                   本  と  り  日  共     か    
                                                   当  の   ` 韓  同     い    
                                                   の  望  身  の  開     い    
                                                   国  ま  近  交  催     よ    
                                                   際  し  な  流  も     う    
                                                   理  い  差  は  あ     の    
                                                   解  関  別  進  っ     な    
                                                   な  係  や  ん  て     い    
                                                   の  を  偏  で   `    気    
                                                   で  つ  見  い  多     持    
                                                                          
松岩菩提の塔

 鞍手郡小竹町新多(にいだ)バス停前、徒歩数分でゆける小高い山上にあります(写真左)。

 この付近は、もと古河目尾(ふるかわ しゃかのお)炭鉱の中心地でした。

写真下左:塔の側に松岩(石炭になりきれなかった岩、俗にボタという)でつくられた無名の墓があります。小さなコップに水が供えてありました。

写真下右:塔の周りに、おそらく墓石であったろう松岩で囲ってあります。

 


 
   け  |  や  さ  障  ッ  条  対  雇  劣     す     す  進  ら                
   を  な  虐  れ  害  ト  件  し  用  っ  日   ゜ け  ご  ん  ゆ  現         ┐   
   よ  ど  待  て  者  で  が   ` に  て  本  そ  れ  く  だ  る  在        人    
   く   ` を  き  雇  知  必  日  関  い  は  れ  ど  発  技  分   `    宮  権    
   目  メ  防  て  用  り  要  本  し  ま  世  は  そ  展  術  野  日     田  保    
   に  デ  ご  い  を  ま  で  で  て  す  界   ┐ の  し  を  で  本     西  護    
   す  ィ  う  ま  義  し  あ  は  差   ゜ か  人  反  て  実  活  は     中  対    
   る  ア  と  す  務  た  る  障  別  例  ら  権  面  い  践  躍  電        策    
   の  を  す   ゜ づ   ゜ と  害  禁  え  見  保   ` る  し  し  化     二 └     
   で  使  る  ま  け  し  い  者  止  ば  て  護  残  国  て  て  工     年       
    ` っ  コ  た  る  か  う  雇  を   ` も  対  念  だ  い  い  業             
   差  た  マ   ` な  し  こ  用  条  ア  人  策  に  な  て  ま   `    安       
   別  人  |  日  ど   ` と  の  件  メ  権 └   思  と   ` す  食     永       
   だ  権  シ  常   ` 最  を  た  と  リ  保  に  う  誇  こ   ゜ 品             
   っ  保  ャ  で  少  近   ` め  し  カ  護  つ  こ  り  の  世  工     郁       
   て  護  ル  も  し  で  イ  に  て  で  へ  い  と  に  日  界  業     美       
   い  の  や   ` ず  は  ン   ` い  は  の  て  が  思  本  の  な     さ       
   じ  呼  ポ  い  つ  企  タ  多  る  障  意  で  あ  い  を  中  ど     ん       
   め  び  ス  じ  改  業  |  く  の  害  識  す  り  ま  私  で   `            
   だ  か  タ  め  善  に  ネ  の  に  者  が   ゜ ま  す  は  も  あ             
                                           ゜  `                  
 
   信  た  て  こ  さ  国  の  思  の  私  に     見  こ  ろ  を     在  て  っ    
   じ   ゜ に  と  れ  か  に  い  受  達  つ  最  が  と  ん  し  私  し  い  て    
   ら  こ  子  を   ` ら   ` ま  け  は  い  近  持  を  な  て  は  つ  く  徐    
   れ  ん  ど  許  親  も  身  す  た   ` て   ` て  知  差  き  小  づ  は  々    
   ま  な  も  さ  族  差  の   ゜ 差  忘   ` 話  る  り  別  ま  学  け  ず  に    
   せ  に  さ  れ  か  別  ま  本  別  れ  取  題  よ   ` や  し  校  て  な  減    
   ん  も  え  ず  ら  を  わ  当  は  て  り  に  う  人   ` た   ` い  の  っ    
   が  人  も   ` も  受  り  は   ` は  あ  な  に  権  人   ゜ 中  ま  に  て    
    ` 権  産  隔  縁  け  の  簡  計  い  げ  っ  な  問  権  人  学  す   ` い    
   事  を  ま  離  を  て  人  単  り  け  て  た  り  題  を  権  校   ゜ 今  き    
   実  侵  せ  ま  切  い  々  に  知  な  み  ハ  ま  に  無  学  と     も   `   
   な  害  て  で  ら  ま  か  う  れ  い  ま  ン  し  つ  視  習  さ     依  も    
   の  さ  も  さ  れ  し  ら  つ  な  と  す  セ  た  い  さ  を  ま     然  っ    
   で  れ  ら  れ   ` た  だ  る  い  思   ゜ ン   ゜ て  れ  重  ざ     と  と    
   す  て  え   ` 本   ゜ け  病  も  い  こ  病     自  て  ね  ま     し  い    
    ゜ い  ま  挙  名  汚  で  気  の  ま  の  患     分  き  る  な     て  い    
   誰  た  せ  げ  を  れ  は  で  だ  す  出  者     な  た  た  人     差  国    
   も  な  ん  く  名  者  な  も  ろ   ゜ 来  の     り  人  び  権     別  に    
   が  ん  で  の  乗  扱  く  な  う  彼  事  人     の  達   ` 学     は  な    
   こ  て  し  果  る  い   ` い  と  ら  を  権     意  の  い  習     存  っ    
                                                                 
 
      権  自  て  ら     で  そ  権  う  争  に  り  に  の  だ  の     思  の    
      に  分  い  れ  今   ` し  保  か  い  な  を  な  二  と  は  私  い  こ    
      敏  の  く  て  後  よ  て  護  ら  の  る  持  く  つ  思   ` 達  ま  と    
      感  人  べ  い  の  り  人  対  で  な  こ  つ  て  は  い   ┐ 人  す  に    
      で  権  き  く  世  よ  々  策  す  い  と  事  は   ` ま  人  間   ゜ 目    
      あ  や  だ  の  界  い  が └    ゜ 社  が  で  な  互  す  へ  が     を    
      り  周  と  か  で  社  そ  の  日  会  で   ` ら  い   ゜ の  最     向    
      た  り  思   `  ┐ 会  の  強  本  を  き  誰  な  に  私  思  も     け    
      い  の  い  一  人  が  対  化  に  生   ` か  い  関  達  い  大     て    
      と  人  ま  人  権  成  策  を  限  み  平  ら  も  係  が  や  切     よ    
      思  々  す  一  保  り  に  す  ら  だ  等  も  の  し  生  り  に     く    
      い   `  ゜ 人  護  立  目  す  ず  す  の  愛  で  な  き └   し     考    
      ま  ひ  そ  が  対  っ  を  め  ど  こ  人  さ  す  が  て  と  な     え    
      す  と  し  意  策  て  向  て  こ  と  権  れ   ゜ ら  い   ┐ け     て    
       ゜ り  て  識 └   い  け  い  の  が  を  る  人   ` く  平  れ     み    
         ひ   ` し  が  く  て  っ  国  で  持  優  へ  生  う  等  ば     る    
         と  私  て  ど  は  い  て  で  き  つ  し  の  活  え  の  な     べ    
         り  自  見  う  ず  く  ほ  も  る  こ  い  思  の  で  人  ら     き    
         の  身  守  進  で  こ  し   ┐ と  と  人  い  中   ` 権  な     だ    
         人  も  っ  め  す  と  い  人  思  で  間  や  心  こ └   い     と    
             `        ゜     `        `                           



 
   り  し  避  命  う  思  ち  と  や  理  ん     な  の     ん  起  せ  ま                
   も  て  け  は  け  い  ゃ  だ  な  由  坊  ニ  っ  相  厚   ゜ き  た  す  最             
   し   ` る  失  て  ま  ん  と  い  が  が  ュ  て  談  生     て  り   ゜ 近         ┐   
   ま  大  よ  わ  死  す  と  思  と  よ  泣  |  い  は  労     い   ` 親   `       虐    
   す  人  う  な  ぬ   ゜ 考  う  思  く  き  ス  る   ` 働     ま  保  が  ニ             
    ゜ に  に  く  な  子  え  し  い  で  や  を  そ  年  省     す  育  赤  ュ     宮  待    
      な  な  て  ん  供  な   ` ま  て  ま  見  う  々  の      ゜ 園  ん  |     田 └     
      る  っ  も  て  も  け  子  す  き  な  て  で  増  児     虐  で  坊  ス     西       
      と  た   ` 可  せ  れ  育   ゜ ま  か  い  す  え  童     待  園  や  で     中       
       ` り  心  哀  っ  ば  て  赤  す  っ  る   ゜ 続  相     で  児  幼   `            
      そ   ` の  相  か  い  が  ん   ゜ た  と     け  談     命  を  児   ┐    一       
      れ  攻  傷  で  く  け  大  坊  で  か   `     ` 所     を  虐  に  虐     年       
      が  撃  と  す  生  な  変  が  も  ら  子     十  で     失  待  暴  待             
      犯  的  し   ゜ ま  い  だ  泣   ` や  供     年  取     う  し  力 └      安       
      罪  に  て  虐  れ  こ  と  く  そ   ` を     前  り     子  た  を  と     部       
      に  な  残  待  て  と  い  の  れ  う  虐     と  扱     供  り  振  い             
      つ  っ  り  を  き  な  う  は  は  る  待     く  っ     も  と  る  う     沙       
      な  た   ` 受  た  の  の  し  子  さ  し     ら  た     少  い  っ  言     佑       
      が  り  周  け  の  で  も  よ  供  い  た     べ  虐     な  う  て  葉     華       
      っ  し  り  た  に  は   ` う  が  か  理     る  待     く  事  怪  を     さ       
      て  ま  の  子   ` な  産  が  悪  ら  由     と  に     あ  件  我  よ     ん       
      い  す  人  供  虐  い  む  な  い  と  は     十  つ     り  な  を  く             
      っ   ゜ 間  は  待  か  前  い  ん  い   `    倍  い     ま  ど  お  聞             
      た  そ  を   ` を  と  に  こ  じ  う  赤     に  て     せ  が  わ  き             
                                                                          
 
      と  い  て  に     な  安  牲  虐  で  あ  い  誰  っ     と  る  る  わ  っ  思       
      い  と   ` つ  世  い  心  者  待  い  る  の  に  ぱ  虐  思  の  こ  れ  て  い  子    
      う  思  虐  い  界  温  し  を  が  る  の  か  も  い  待  い  で  と  て  一  ま  供    
      言  い  待  て  中  か  て  こ  な  人  で  わ  言  に  を  ま  は  で   ` 番  す  に    
      葉  ま  を  よ  か  い  暮  れ  く  が  は  か  え  な  受  す  と  し  怪  つ   ゜ と    
      が  す  少  く  ら  社  ら  以  な  い  な  ら  な  り  け   ゜  ` ょ  我  ら  だ  っ    
      消   ゜ し  考  虐  会  せ  上  れ  れ  い  な  く  ま  た     恐  う  す  い  か  て    
      え  そ  ず  え  待  を  る  増  ば  ば  か  く  て  す  子     く   ゜ る  こ  ら   `   
      て  う  つ  な  が  築  社  や  い   ` と  て   `  ゜ 供     て  い  な  と   ` 親    
      い  す  で  け  な  い  会  す  い  助  思   ` 悲  き  の     び  つ  ん  だ  親  は    
      く  れ  も  れ  く  て   ` べ  と  け  い  体  し  っ  気     く  も  て  と  に   `   
      の  ば  減  ば  な  い  虐  き  思  て  ま  に  く  と  持     び   `  ` 思  裏  一    
      で   ` ら  い  る  く  待  で  っ  あ  す  も  て  虐  ち     く  ま  人  う  切  番    
      は  い  し  け  に  必  な  は  て  げ   ゜ 心   ` 待  を     し  た  間  し  ら  信    
      な  つ  て  な  は  要  ど  あ  い  た  今  に  苦  を  想     て  誰  を   ` れ  頼    
      い  か  い  い   ` が  が  り  ま  い   ` も  し  受  像     い  か  誰  そ  る  し    
      で  世  か  と  一  あ  ど  ま  す  し  虐   ` く  け  す     る  に  も  の  こ  て    
      し  界  な  思  人  り  こ  せ   ゜  ` 待  た  て  て  る     毎  暴  信  う  と  い    
      ょ  中  け  い  一  ま  こ  ん  虐  世  を  く   ` い  と     日  力  じ  え  は  る    
      う  か  れ  ま  人  す  に   ゜ 待  界  受  さ  ど  る   `    で  を  ら  暴   ` 人    
      か  ら  ば  す  が   ゜ も  子  に  中  け  ん  う  子  怒     は  振  れ  力  子  な    
       ゜  ┐ な   ゜  `    存  供  よ  か  て  の  し  供  り     な  る  な  を  供  の    
         虐  ら  そ  虐     在  達  る  ら  悩  傷  て  は  で     い  わ  く  振  に  だ    
         待  な  し  待     し  も  犠   ` ん  が  い   ` い     か  れ  な  る  と  と    
        └                                                                 



 
   対  め  な  減  め  か  約  な  り  行     ま  ま  っ  る  し  た  ら  な                
   に  を  く  る  で  ら  束  こ   ` う  そ  す  す  て  人  く  り  れ  る  私             
   し  な  そ  と  す  な  で  と  い  こ  こ   ゜  ゜  ` は  て  す  て  の  は        な    
   て  く  う  思   ゜ い  す  は  じ  と  で     私  こ   ` 残  る  い  か  よ        く    
   は  そ  と  い  私   `  ゜ し  め  で  考     は  の  心  酷  人  る  な  く        な    
   い  う  し  ま  は  い  こ  な  を  す  え      ` 世  が  だ  も  人  ぁ  思        ら    
   け └   て  す   ` じ  の  こ  体   ゜ た     こ  界  弱  か  い  は  っ  う        な    
   な  と  も   ゜ こ  め  運  と  験  内  の     ん  か  い  ら  る  大  て  こ     宮  い    
   い  い   ` や  れ  の  動  と  す  容  は     な  ら  人  ・  か  勢  思  と     田       
  └   う  な  っ  を  辛  の   ` る  は   `    人  逃  間  ・  ら  い  い  が     中  い    
   と  標  く  ぱ  実  さ  目  時  と   `  ┐    た  げ  だ  ・  で  る  ま  あ     学  じ    
   か  語  な  り  行  を  的  間  い  三  い     ち  よ  と   ゜ す  し  す  り     校  め    
   話  を  ら  ふ  す  み  は  は  う  人  じ     を  う  私  で   ゜  `  ゜ ま     1       
   を  考  な  つ  る  ん   ` 一  も  一  め     な  と  は  も   ┐ そ  だ  す     年       
   し  え  い  う  こ  な  い  時  の  組  の     く  し  思   ` い  れ  っ   ゜            
   て  て  と  の  と  に  じ  間  で  ぐ  当     し  て  い  だ  じ  が  て   ┐    有       
   も  も  思  や  で  わ  め  以  す  ら  番     て  い  ま  か  め  嫌   ` い     吉       
    `  ` い  り  少  か  て  内   ゜ い  制     い  る  す  ら └   で  今  じ             
   全   ┐ ま  方  し  っ  い  に  た  の └      き  だ   ゜ っ  は  死   ` め     歩       
   部  い  す  で  は  て  る  す  だ  チ  を     た  け  死  て   ` ん  実 └              
   む  じ   ゜ い  い  も  方  る  し  |  毎     い  だ  ん  自  恐  で  際  っ             
   だ  め   ┐ じ  じ  ら  に  こ   ` ム  月     と  と  で  殺  く  し  い  て             
   に  は  い  め  め  う  は  と  危  を  一     思  思  し  を  て  ま  じ  な             
   終  絶  じ  を  が  た  わ  が  険  作  回     い  い  ま  す  悲  っ  め  く             
                                                                          
 
      し  人  い  こ  だ  心  こ  つ  嫌  親  け  消  ス  て  ら  し  だ     救   ┐ い  わ    
   人  ょ  に  と  と  と  に  と  く  だ  友  で  え  ト  あ  い  て  ろ  け  っ  い  こ  っ    
   生  う  じ  思  で  思  た  も  て  か  も  も  る  レ  げ  呼   ` う  れ  て  じ  と  て    
   の  か  っ  い  す  い  め  で  も  ら   `  ` と  ス  て  ぶ  カ  と  ど  い  め  に  し    
   中   ゜ く  ま   ゜ ま  る  き  親  い  仲  ず  思  を  い  こ  ウ  思  こ  き  当  は  ま    
   で     り  す  特  す  か  な  友  じ  の  い  い  解  じ  と  ン  い  れ  た  番   ` う    
   一     話   ゜ に   ゜ ら  い  は  め  良  ぶ  ま  消  め  を  セ  ま  だ  い  制  永  で    
   番     を  そ  い  結  最  ・  助  る  か  ん  す  し  の  提  ラ  す  け  で └   遠  し    
   苦     き  う  じ  局  後  ・  け  側  っ  違   ゜ て  辛  案  |   ゜ じ  す  を  に  ょ    
   し     い  い  め  は  に  ・  て  に  た  う  悩  あ  さ  し  の  そ  ゃ   ゜ 早  い  う    
   い     て  う  ら   ` は   ゜ く  な  人  で  み  げ  を  ま  人  こ  わ     く  じ   ゜   
   の     も  と  れ  人  た  そ  れ  る  も  し  を  ら  わ  す  を  で  か     実  め  心    
   は     ら  き  て  は  え  れ  な  こ   ` ょ  聞  れ  か   ゜ 学   ` っ     行  は  の    
    `    う  に  い   ` き  で  い  と  自  う  い  た  っ  そ  校  も  て     し  続  奥    
   い     こ  カ  る  一  れ  話   ` が  分   ゜ て  ら  て  う  に  う  く     て  く  に    
   じ     と  ウ  時  人  な  す  か  多  が  い  く  苦  も  い  一  一  れ     一  と  あ    
   め     が  ン  は  じ  く  こ  と  い  い  じ  れ  し  ら  う  人  つ  な     人  思  る    
   じ     大  セ   ` ゃ  な  と  い  と  じ  め  る  い  え  人  か   ` い     で  い  感    
   ゃ     切  ラ  精  だ  っ  も  っ  思  め  と  存  思  な  が  学  い  人     も  ま  情    
   な     で  |  神  め  て  で  て  い  ら  い  在  い  い  悩  年  じ  も     多  す  を    
   い     は  の  的  だ  し  き  親  ま  れ  う  が  が  子  み  に  め  大     く   ゜ 動    
   か     な  よ  に  と  ま  な  に  す  る  の  あ  少  た  を  一  対  勢     の  だ  か    
   と     い  う  き  い  う  く  言   ゜ の  は  る  し  ち  聞  人  策  い     人  か  さ    
   思     で  な  つ  う  の  て  う  き  が   ` だ  は  の  い  く  と  る     を  ら  な    
                                                                          
 
                     い  私  こ  よ  に  そ  自  で   ┐    の  い  じ  め  り  で  い    
                     ま  た  の  う  た  れ  殺  も  自  こ  人  ろ  め  当  地   ┐ ま    
                     す  ち  世  に  え  ま  を  書  殺  の  を  な  か  番  獄  あ  す    
                      ゜ は  か   ` て  で  す  い  を  作  救  ア  ら  制  に  り   ゜   
                        何  ら  人  い  の  る  て  す  文  っ  イ  解 └   引  地  じ    
                        か  一  は  た  間  人  い  る  で  て  デ  放  や  き  獄  わ    
                        に  刻   ` ん   ` は  く  人  い  あ  ィ  し  カ  ず └   じ    
                        取  も  経  だ  私   ` う  は  じ  げ  ア  て  ウ  り  の  わ    
                        り  早  験  ろ  た  た  ち  心  め  た  を  あ  ン  込  よ  引    
                        組  く  に  う  ち  だ  に  が  の  ら  出  げ  セ  ま  う  き    
                        ん  い  よ  と  の  弱  少  弱  こ  い  し  た  ラ  れ  だ  込    
                        で  じ  っ  思  想  い  し  い  と  い  合  い  |  る  と  ま    
                        い  め  て  う  像  か  考  人  を  と  っ  と  の  前  思  れ    
                        か  が  考  よ  も  ら  え  間  考  思  て  思  配  に  い  る    
                        な  な  え  う  つ  命  が  だ  え  い   ` い  置   ` ま  よ    
                        け  く  方  に  か  を  変   ゜ て  ま  一  ま  な  私  す  う    
                        れ  な  も  な  な  落  わ └   み  す  刻  す  ど  が   ゜ な    
                        ば  る  変  り  い  と  っ  と  て   ゜ も   ゜ を  提  世  い    
                        な  よ  わ  ま  よ  す  て  言   `    早  み  行  案  界  じ    
                        ら  う  っ  し  う  の  き  い  最     く  ん  っ  し  の  め    
                        な  に  て  た  な  で  ま  ま  初     た  な  て  た  人  は    
                        い   ` き   ゜ 苦  は  し  し  私     く  も  早   ┐ が   `   
                        と  今  ま  こ  し  な  た  た  は     さ  い  く  い   ` ま    
                        思   ` す  の  み  く   ゜  ゜  `    ん  ろ  い  じ  あ  る    
                               ゜        `                                 

トップページへ