宮若市の上大隈公民館において、左下のような理念をもちながら、地域の人々の交流、特に子どもたちのために、平成19年、1年間にわたる取り組みをここに紹介します。




稲作体験活動


平成19年5月20日〜12月24日

@  稲の種まき 5月20日 田んぼ
A  田植え 6月10日 田んぼ
B  稲刈り 10月7日 田んぼ
C  餅つき 12月16日 公民館
D  しめ飾りづくり 12月21日 公民館
 
子どもたちの感想文

宮若市上大隈公民館

(弥 生 文 化)


◆ はじめに 
        
なぜ「稲作(弥生文化)を計画したのでしょうか

 縄文時代の食料は、おもに狩や漁や採集によっていましたが、簡単な畑作も行われていたようです。今から約6,000年前には、米づくりも部分的ながら始まっていたと考えられます。稲は、もともと自生していた植物ではないとのこと。大陸からはるか遠い昔に持ち込まれていたのです。約2,400年前の縄文時代の末ごろになると潅漑用の水路を伴う水田による稲作が九州北部にあらわれ、その後、西日本から東日本へと段々広がって行きました。
 稲作の歴史ですが、長江(揚子江)流域の江南を源流として、水田稲作は、伝えられたと考えられています。渡来のルートは、長江下流から北九州へ直接渡って来たか、又は山東半島から朝鮮をへて南下して渡って来たか、そのいずれか、或いはその両方の可能性があります。上大隈の谷頭遺跡から壺が出土していることは、宮田町史に妃載されていることからも犬鳴川河川の周辺の何処かに、それらを使用し作った人々の住居跡もあるのかも知れません。
 上大隈で始まり上大隈で終わった貝島炭鉱ですが、燃える石(石炭)が、掘り出される前の上大隈は、農耕というか純農村地区でした。地球温暖化、自然環境の破壊が進む中で安全・安心の町づくりの一つとして、地域が一丸となってやれる事はないだろうかとの思いから上大隈公民館役員会で検討・話し合い、「稲の一生」を通じた事業で地域が一体となり体験、老若男女が一堂に会し汗を流し労働し交流する事を通じてその中で、体感した事を家庭内、地域で話し合う機会・きっかけでもなればと願い、そのなかで
  ◎ 食の問題
  ◎ 環境問題
  ◎ 労働の大切さ
  ◎ 他人への思いやり  等々を考える場作りとしたいとの思いから上記の@〜Dの一連のシリーズを計画致しました。
 特に、このシリーズを成功の道へ管理・指導して頂いた 金川 正(兼自治会長兼区長)、陰の力として協力して頂いた宮若婦人会上大隈支部の皆さん、子育てに大変な時期に公民館事兼の趣旨に賛同し積極的に参加して頂いた「ママ・パパの会」の皆さん、曲がった腰を伸ばしながらおしやべりに参加して頂いた上大隈老人クラブ光明学院大学の皆さん方、コブノメイガという害虫の異常発生期の防除に助力して頂いた 本松 節男 さん等々、多くの支援して頂いた方々へ衷心よりお礼を申し上げます。
 この実践をとおして、人という文字は支えあうものという語源が示すように本シリーズでは、ヒミコ餅の米を稔らせた他に目に見えない多くの収穫を得たという思いです。
 「安全・安心」の地域づくりは、一人一人の力に負うものです。完全ではありませんが、目で見る記録としてここに、地域情報発信ホームページ「みやわかふれあいページ」に作成を依頼しました。
 終わりに、地域の皆さんのご多幸を祈り、皆様これからの絶大なるご支援・ご協力をお願いします。
 平成20年1月吉日
          上大隈公民館長 金川 学


実 践 紹 介 平成19年5月〜12月


@  稲の種まき 5月20日 田んぼ
苗代に稲の種(籾)を蒔きます。
苗代の成長を子どもたちは楽しみにしています。



A  田植え 6月10日 田んぼ
子どもも混じって苗を植えます。
田を区割りして、
苗の1本植え、2本植え、3本植え、4本植え、5本植えをしました。さて、どの苗の伸びがよいでしょうか。
皆、楽しみにしていました。

左から、1本植え、2本植え、3本植え、4本植え、5本植えです。やはり苗束の大きさが異なりますね。



B  稲刈り 10月7日 田んぼ

老若男女で一斉に稲刈りです。
温暖化でしょうか。暑かったです。


1〜5本植えの差は・・・・?
左から順に1本〜5本植えです。

何と全くと言ってよいほど
ありませんでした!!
さてどう解釈したら良いのでしょうか。
皆さんはいかがですか?



C  餅つき 12月16日 公民館
畳状の大きさの看板をつくりました。
子どもたちも参加して



D  しめ飾りづくり 12月21日 公民館
地域の人から縄の作り方を教わりました。
親御さんも参加してしめ縄づくりです。
お年寄り、奥様の皆さんも一生懸命でした。







子どもたちの感想文

 
   刈     た  日  て  見     お  れ     ど  と  を     れ  小  間             
   る  十  り  に  見  に  そ  に  た  田   ` て  入  六  ま  さ  を  最          
   鎌  月  も  は  に  行  れ  ぎ  お  植  と  も  れ  月  せ  な  と  初          
   を  の  し   ` 行  っ  か  り  に  え  て  重  た  ご  ん  種  っ  は      ┐   
   持  半  ま   ┐ く  た  ら  は  ぎ  が  も  く  瞬  ろ  で  が  て   `    も    
   っ  ば  し  稲  の  り  は  美  り  終  楽  感  間  に  し  あ  種  種     ち    
   て  ご  た   ` が  し   ` 味  を  っ  し  じ   ` 田  た  の  を  蒔     米    
    ` ろ   ゜ 大  楽  ま  時  し  食  て  か  ま  土  植   ゜ 大  播  き     育    
   初   `    丈  し  し  々  か  べ   ` っ  し  が  え     き  く  か     て    
   め  稲     夫  み  た  妹  っ  ま  婦  た  た  粘  を     な  の  ら     の    
   は  刈     や  で   ゜ と  た  し  人  で   ゜ 土  し     稲  が  始  伊  半    
   一  り     か  し  ど  自  で  た  会  す  寒  の  ま     に  大  ま  藤  年    
   寸  を     ∫  た  ん  転  す   ゜ の   ゜ く  様  し     な  変  り     間    
   怖  し    └    ゜ ど  車   ゜ 外  方     て  に  た     る  で  ま  真 └     
   か  ま     と  雨  ん  で     で  々     冷  纏   ゜    の  し  し  衣       
   っ  し     心  ・  成  稲     皆  が     た  わ  田     は  た  た  子       
   た  た     配  風  長  の     で  作     か  り  ん      `  ゜  ゜         
   け   ゜    に  の  し  様     食  っ     っ  付  ぼ     考  あ  適          
   ど  稲     な  強  て  子     べ  て     た  い  に     え  ん  度          
    ` を     っ  い  い  を     た  呉     け  て  足     ら  な  に          
                                                                 


自ら刈った稲で作った縄でしめ飾りづくり

 
                              っ  す  た  皆  し  こ     半  の  ま  稲    
                              た   ゜  ゜ さ  め  と  私  年  試  し  を    
                              で  い  こ  ん  る  で  が  間  合  た  刈    
                              す  い  の  の  よ  忙   ` で  が   ゜ っ    
                               ゜ 思  体  お  う  し  こ  稲  あ  で  て    
                                 い  験  陰  に  く  ん  の  り  も  い    
                                 出  を  で  と  働  な  い   `  ` く    
                                 に  今  す  一  い  い  ろ  参  肝  内    
                                 な  後   ゜ 生  て  い  ん  加  心  に    
                                 り  に  本  懸  く  体  な  出  の  楽    
                                 ま  役  当  命  れ  験  事  来  餅  し    
                                 し  立  に  に  て  が  を  な  つ  く    
                                 た  た  有  し  私  出  教  く  き  て    
                                  ゜ せ  難  て  達  来  え  て  に   `   
                                 と  て  う  く  が  た  て  残  は  沢    
                                 て  行  御  れ  し  の  貰  念   ` 山    
                                 も  き  座  た  易  も  え  で  サ  汗    
                                 楽  た  い  地  く   ` ま  し  ッ  を    
                                 し  い  ま  域   ` 稲  し  た  カ  か    
                                 か  で  し  の  楽  の  た   ゜ |  き    
                                                    ゜            

 
   で     く  し  い     し  大  の     が  学     植  何  人  み             
   植  で  っ  か  き  今  た  切  よ  春  あ  習  五  え  度  の  ど  去          
   え  も  つ  っ   ` 回   ゜ な  う  か  っ  し  年  る  か  人  り  年      ┐   
   を   ` い  た  と  は     こ  に  ら  た   ` 生  経  見  が  の   `    田    
   し  お  て  で  て   `    と  育  秋  け  こ  の  験  た   ` 多  私     植    
   ま  母  パ  す  も  私     は  っ  に  れ  の  時  は  こ  機  い  は     え    
   し  さ  ニ   ゜ 大  達      ` て  か  ど  と  に   ` と  械   `  `    を    
   た  ん  ッ  途  変  は     何  い  け  失  き  社  初  が  で  上  初     し    
   が  も  ク  中  な   `    な  く  て  敗   ` 会  め  あ  田  大  め     て    
    ` 私  に   ` 作  稲     の  の  の  し  バ  科  て  り  植  隈  て    └     
   初  達  な  大  業  を     か  か  長  て  ケ  の  で  ま  え   ` 田  谷       
   め  と  り  嫌  だ  一     と   ` い  し  ツ  授  す  し  を  学  植  口       
   て  一  ま  い  っ  つ     い  ま  過  ま  稲  業   ゜ た  さ  校  え          
   の  緒  し  な  た  一     う  た  程  い  を  で     が  れ  の  を  未       
   体  に  た  カ  け  つ     こ  米  の  ま  育  稲      ` て  行  経  紗       
   験  田   ゜ エ  ど  手     と  作  中  し  て  作     自  い  き  験          
   だ  ん     ル  と  で     を  り  で  た  て  に     分  る  返  し          
   っ  ぼ     が  て  植     学  で  稲   ゜ た  つ     で  姿  り  ま          
   た  の     足  も  え     び  一  は     こ  い     稲  は  に  し          
   よ  中     に  楽  て     ま  番  ど     と  て     を   ` 大  た          
                                                       ゜         

苗植え直前の子どもたち

 
                                                   想  し  験  う    
                                                   い  ま  が  で    
                                                   出  し  あ  す    
                                                   に  た  る   ゜   
                                                   な   ゜ の  お    
                                                   り  私  で  ば    
                                                   私  達   ` あ    
                                                   の  家  救  ち    
                                                   心  族  護  や    
                                                   に  に  班  ん    
                                                   大  と  の  は    
                                                   き  っ  役   `   
                                                   く  て  目  看    
                                                   残  も  で  護    
                                                   っ   ` 田  の    
                                                   て  と  植  お    
                                                   い  て  え  仕    
                                                   ま  も  に  事    
                                                   す  い  参  の    
                                                    ゜ い  加  経    
                                                                 

 
      皆  と     な  し  な  り  日     び  し     カ  た  は  田             
   僕  夢  な  皆  っ  か  か  五  が  と  っ  ま  十  を   ゜  ` ん  六          
   達  中  る  で  て  し  な  ・  や  う  く  し  月  合  で  ド  ぼ  月      ┐   
   は  で  と  刈  行   ` か  六  っ  と  り  た  の  わ  も  ロ  の   `    稲    
    ` し   ` っ  き  何  思  年  て  う  し   ゜ 稲  せ  僕  ド  中  田     の    
   こ  た  こ  た  ま  束  う  生  来   ` ま  苗  刈  て  達  ロ  に  植     一    
   れ   ゜ れ  稲  し  か  よ  ま  ま  僕  し  が  り  田  は  で  入  え     生    
   ま     ま  で  た  や  う  で  し  た  た   ` ま  植   ` 立  り  を     ∨    
   で     で  餅   ゜ っ  に  が  た  ち   ゜ ど  で  え  ド  っ  ま  し          
   経     積  を     て   `  `  ゜ の     ん   ` を  ロ  て  し  ま          
   験     捷  つ     い  鎌  稲  最  ま     ど  苗  し  だ  い  た  し  春       
   し     的  き     く  で  刈  初  ち     ん  の  ま  ら  る  が  た  田       
   た     じ  ま     た  切  り   ` に     大  成  し  け  の   `  ゜ 健       
   こ     ゃ  し     び  れ  を  大  待     き  長  た  に  が  そ  僕  伍       
   と     な  た     に  ま  し  人  っ     く  を   ゜ な   ` の  達          
   の     か  が     皆  せ  ま  の  た     な  観     り  精  田  は          
   な     っ   `     ` ん  し  人  稲     る  察     な  一  ん   `         
   い     た  餅     上  で  た  に  刈     の  ・     が  杯  ぼ  初          
    ┐    人  つ     手  し  が  教  り     に  記     ら  で  の  め          
   稲     も  き     く  た   ` わ  の     は  録     も  し  中  て          
                      ゜              `                           

育てたモチ米で餅つき

 
                                          た  笑     ま  も  前  の    
                                           ゜ 顔  い  し  知  の  一    
                                             の  ろ  た  り  手  生    
                                             あ  い   ゜ ま  を └     
                                             ふ  ろ     し  合  を    
                                             れ  な     た  わ  観    
                                             る  行      ゜ せ  察    
                                             町  事     と  て   `   
                                             に  を     て  頂  体    
                                             し  増     も  き  験    
                                             て  や     楽  ま  さ    
                                             行  し     し  す  せ    
                                             き  て     く  と  て    
                                             た  も     す  い  も    
                                             い  ら     る  う  ら    
                                             と  い     こ  言  い    
                                             思  上     と  葉   `   
                                             い  大     が  の  食    
                                             ま  隈     出  意  事    
                                             し  を     来  味  の    
                                                                 

いかがでしたか。作成しながら全てに感動しました。
おわりにすごい地域力を感じました。
このような地域に育つ子どもたちは幸せですね。 本HP作成者 H20.2.16

上大隈公民館長は 金川 学 様です。