このページを貴「お気に入り」にワンタッチ追加
 良好な環境を保つために
宮若市となる前に
「宮田町環境基本条例」が
制定されていました。それを紹介しましょう。
 
  ◆ その趣旨と内容




  はじめに

 今や環境問題は地球規模にまで発展し、将来にわたる環境保全の重要性がますます大きくなっています。
 このような状況のもと、宮田町でも、環境の保全をより総合的、計画的に推進していく必要があります。
 「宮田町環境基本条例」は、宮田町の将来にわたる環境の保全について、基本的な考え方たを定めています。町や事業者、町民のみなさんの協力を得て、町の環境の保全に関する計画を推し進めていくことにより、町民のみなさんがより快適な生活を送れるようにすることを自的としています。


犬鳴川川くだり大会(鶴田付近)
町の環境保全へ向けての目標
 @安全で循環型の社会を目指す環境づくり

  A自然と人間が共生する環境づくり

  B自然とのふれあいの場の維持・形成

  Cすべての主体の参加の実現

町、事業者、町民が守らなければならないこと
 条例の中で、「町、事業者及び町民等の責務」として以下のように定められています。
@ 町の責務
 環境の保全に関する総合的かつ計画的な施策を策定し、実施しなければならない。
A 事業者の責務
 その事業活動が環境に与える影響を認識し、環境の保全に自らが努めるとともに、法令及び町の条例を遵守し、町が実施する環境の保全に関する施策に積極的に協力しなけ
ればならない。
B 町民等の責務
 自らの日常生活から生ずる環境の保全上の支障を防ぐよう努めるとともに、町が実施する環境の保全に関する施策に積極的に協力しなければならない。

●問い合わせ
  宮若市役所へ

トップページへ