人命救助法
心臓マッサージ・人工呼吸


トップページ


このページの作成のいきさつ


 宮田町の子育てサークル「うさぎの会」は、平成13年6月のサークルイベントで
「応急手当講習会」を開きました。この日、10名ほどのお母さんたちは、消防署の
方から、話やビデオを見せていただいたりして、その後、実際に人形を使っての人命
救助法を教わりました。
 その講習を受けて、私たちなりにその人命救助法をまとめてみました。皆さんも十
分ご承知のこととは思いますが、どうでしょう。参考にしてください。



乳幼児の人工呼吸法の仕方


1 頭を後ろにそらせて気道を確保する。
2 口・鼻を同時に覆う。
3 気道が完全に確保できているかを確認するため1回吹き込む。
4 更に1回吹き込む。
5 以後、3秒に1回のリズムで実施する。

対 象 割  合 吹き込む量 吹き込む時間
小 児 4秒に1回 胸が軽く
膨らむ程度
1.5〜2秒
乳幼児 3秒に1回 小児より短い時間


 最後に(感想を込めて)

 今回、この講習会を受けて改めて初期救急の大切さがわかりました。
救急車が来るまでの5分間、家族又は、近くの人が勇気をもってすれば
助かる命があることがわかりました。もしものときは、落ち着いて、講
習を思い出してください。 


トップページ