アクセスカウンター写真素材 真知 子の10選カ ジノ遊仮出版

 
 宮若市には、左のような「追い出し猫」お土産として評判を呼んでいます。

 それは表面は、ほうきを持ってギョロリ、裏面は手で招いてにっこり。
 災いを退散させ幸福を招く、表裏一体型の招き猫です。怒った顔を前に置くのが基本。
 物語の発祥の寺である西福寺のゆかりの縁起物です。

 お土産に、開店祝い・新築祝、そして合格祈願等の贈り物としても人気があります。

 このページでは、「追い出し猫」のゆかりの物語を載せました。


 四〇〇年もの問、語り継がれてきた宮若の守り。
勇敢で、こころやさしき猫たちの物語

 宮若は、昔からおいしい水と実り多い豊かな土地でした。ゆえに、穀物を荒らすねずみを駆除するために猫を飼う家庭が多かったようですこれは四〇〇年ほど前のお話です。
 
 西福寺というお寺にたいそう猫好きな和尚さんが住んでいました。
 あるとき寺に一匹の大ねずみが住みつき近隣を荒らして回りました。とうとう和尚さんにまで危害が及ぶようになり、見かねた飼い猫が何百匹もの仲間を集め、大ねずみとすさまじい戦いを繰り広げたのです。
 翌朝、息絶えた大ねずみと変わり果てた猫達の亡骸が。そんな猫達を哀れんだ和尚さんがお墓を作り、いつまでも手厚く供養し続けたそうです。

 今でも宮若が豊かなのは、この猫たちが見守っていてくれているからかもしれません。

今に残る猫塚

「猫塚」及び
「追い出し猫」等のお土産販売「宮若市観光協会」への案内


本ページ資料は「宮若市観光協会」から頂きました。